Posted on

プノンペンからベトナムへ旅行

先日ベトナムホーチミンに行ってきました☆

プノンペンからホーチミンまでバスがたくさん出ています

数あるバス会社からサパコーという会社をチョイス♩トイレ付きがよかったので。

片道ー10ドルでいくことができます

基本的にバス会社に直接行って前払いして予約します

7時から一時間おきぐらいでバスが出ています

大体6時間と言っていましたが国境を超える手続きや休憩があって7時間で到着しました

疲れた。。でもたったの10ドルだしね、、(^.^)

バスで移動して思ったこと。

☆エアコン対策で上着が必要 靴下も持って来ればよかった〜

☆カンボジアの田舎道はかなり揺れるので酔い止め必須!

☆途中で止まる休憩所はお菓子が異常に高いのでいろいろ買い込んだ方がいいです

ペットボトルのお水はくれるので買う必要ありません

しかし、ベトナムは食べ物なーんでも美味しかった❤︎

またアップします⤴︎

 

Posted on

交通違反金の幅

今日は悲しいかなカンボジアで初めて警察に交通違反をしたとして止められてしまった話を書きます

昨日のことです

まだまだ運転に慣れてない危ない私、、たまたま一人で走っていて複雑な交差点、シューっと右折をしたら、止まれー!!!と3人のおっちゃん警察官。

ついに、捕まってしまった。。

信号無視しただろー!!と。確かに自分でもぼーっとしてたところがあったので、そこは深く反省し認めるんですが、おっちゃんたちがしきりに言うのはカンボジアの免許を持ってない事みたい。

国際免許は通用しないです、持っていてもおまわりさんが知らないので意味がないのです。。

でもその後の対応が、、(・・;)

カンボジア語で交通法が書かれているようなボロボロのノートを持ってきてカンボジアの免許がないとすごくたかーい罰金なのだぞっみたいなことを。

でもそこに汚いボールペン青字で50ドル、そのあと消されて30ドルって書いてあっていかにもあやしい。。

えー、とか、うー、とか言ってたら三人が木陰で会議し始めて、そのあと20どるでもいい。と?!

ここは市場かいっ?!値切れるもの?!

今お金持ってないので今からハズバンドを呼ぶと言ったら、めんどくさそうに、いやいや、いくら持ってるんだ???って。(いくら払えるの?かな)

5500リエル 1.4ドルくらい ピラピラって出したら、しばらく考えてしょうがない、これでいい、もういきな!って。30ドルって言ってたのに????

ありがと、ありがとー🎶といって帰ってきました

現地の子に聞いたら違反金一ドルくらいが妥当な値段と言っていました

ちなみに現地で運転できる免許取得のために大使館に行くとき必要なものは、

☆旅券

☆有効な日本の運転免許証

☆申請手数料90000リエル(ドルは使えないらしい)⇦2015年3月時点の情報です

だそうです

そのあと、

★大使館で作ってもらった免許の翻訳文

★旅券

★写真4×3 6枚 小サイズ1枚

★費用60ドル

をもって自動車教習所にいくと免許を発行してくれるようです

 

 

 

Posted on

大量の荷物の預け方

旅行と違って、移住となるとこれは外せない!というアイテムがたくさんで、とてもスーツケースには入りきりません。

それで衣類やタオルなど布製品は大きめのダンボールをホームセンターで買ってきて、それにぎゅうぎゅうに詰め込むと良いよ☆と聞いたのでやってみました。

image

 

結構入ります。

百円均一で売っている片手でぐるぐる巻けるラップをまきまき厳重に。

ちなみに今回利用したベトナムエアラインは一人40キロまでです。

少しだけオーバーなら通してくれますが、許容範囲は特に決まってないので、ドキドキでした。

海外での生活。こちらで全部揃えるのも手ですが、お気に入りの物は幾らか一緒に持ってくること、おすすめです。

何だかほっとしますから。。♪

 

Posted on

旅立つ前の準備

カンボジア。

何持っていけばいいんだろう。あちらに行ってから買えばいいか!

そんな甘い考えで下見に行って、お料理するのにほんと困ったんです

もちろん日本の食材は売っているんですが2倍以上の価格!?

乾麺なんてよーく見たら賞味期限が切れてる〜。。

砂糖、塩、お醤油。

しょうがないからこの3つのみで何日かお料理。つまんないし悲しくなってきます

今回は日本の調味料をしっかり買ってもっていきます

でも楽しみなのは、あちらならではの香辛料など、挑戦できるかしら。。

カンボジアに移住される方は、スーツケースに忘れずに調味料たちをいれていくこと、オススメしま

す。

もちろん、ローカル屋台一本で!って人は別ですが^ ^