Posted on

大量の荷物の預け方

旅行と違って、移住となるとこれは外せない!というアイテムがたくさんで、とてもスーツケースには入りきりません。

それで衣類やタオルなど布製品は大きめのダンボールをホームセンターで買ってきて、それにぎゅうぎゅうに詰め込むと良いよ☆と聞いたのでやってみました。

image

 

結構入ります。

百円均一で売っている片手でぐるぐる巻けるラップをまきまき厳重に。

ちなみに今回利用したベトナムエアラインは一人40キロまでです。

少しだけオーバーなら通してくれますが、許容範囲は特に決まってないので、ドキドキでした。

海外での生活。こちらで全部揃えるのも手ですが、お気に入りの物は幾らか一緒に持ってくること、おすすめです。

何だかほっとしますから。。♪

 

Posted on

籐のコースター

カンボジアの籐製品はとてもリーズナブルでナチュラルテイスト

愛用しているのはコースターとミニトレイ

image

 

お値段はびっくりコースター二つで1.5ドル程度

日本だったらもっとしますよね〜

籐製品小物って和にも、洋にも合うから、使いやすいです

しかも丈夫なので重宝します

日本へのおみやげにランチョンマットと合わせてプレゼントしたら喜ばれますよ〜

 

 

Posted on

初カンボジア市場

カンボジアにはもちろんスーパー、大型ショッピングセンターなどもありますが、

ローカルな市場はいつも賑やかです

image

下見で行った時、今まで見たことのない光景にびっくり。

生の魚や肉が売られてると思ったら、ふと横見ると靴や下着まで。。

そのごちゃごちゃのなかで散髪屋のブースがあり、カットやカラーリングまでしている人達。

クメール語がんばって勉強して、値段交渉してお買い物楽しめる日が来るかしら。。

Posted on

旅立つ前の準備

カンボジア。

何持っていけばいいんだろう。あちらに行ってから買えばいいか!

そんな甘い考えで下見に行って、お料理するのにほんと困ったんです

もちろん日本の食材は売っているんですが2倍以上の価格!?

乾麺なんてよーく見たら賞味期限が切れてる〜。。

砂糖、塩、お醤油。

しょうがないからこの3つのみで何日かお料理。つまんないし悲しくなってきます

今回は日本の調味料をしっかり買ってもっていきます

でも楽しみなのは、あちらならではの香辛料など、挑戦できるかしら。。

カンボジアに移住される方は、スーツケースに忘れずに調味料たちをいれていくこと、オススメしま

す。

もちろん、ローカル屋台一本で!って人は別ですが^ ^