Posted on

アリ退治

我が家はキッチンが広くて比較的使いやすいのですが、こっちに来てから毎日家に入ってくるちっちゃなアリと戦っています

日本食品を扱っているあくるひというお店では何とアリの巣コロリが10ドル?!もするんです

絶対買いたくない。。

スーパーで見つけました、これ。

image

1.9ドルくらいです。12ピースほど入っていてアリの巣コロリのようにアリさんが持って帰って効果がある。というものです ゴキブリにも効くのかな。

パッケージがリアルですね。。

使い出してから気持ち少なくなったような気がします。

キッチンにアリがいたら料理する気も一気にダウンですから。。

Posted on

プラスチック椅子

カンボジアのバスルームは残念ながら風呂釜がありません

毎日立ってシャワーを浴びるので足が疲れてしまうんです

カンボジアの人がみんな外で使っているこれこれ、欲しかったんです

image

 

近くの小さな商店で1.25ドルくらいで買えました

次は足湯用に大きな桶がほしいな〜

夫と私はロシアンマーケットがお気に入りで何度か足を運びましたが、やはり観光客がよく来るので

お値段は交渉しだい。でもそれが長引くと疲れてきます。なんせ正規の値段を知らないのですから。。それで、雑貨は家の近くの小さな商店でゲットする方がいいとだんだん分かってきました。

ぼられる可能性は割と少ないです。

Posted on

格安ヘルメット購入

カンボジアでは、どこにも、かしこにも、ヘルメット屋さんがあります。

ただヘルメットを売ることだけに特化したお店があるんです。

日本のようにSG規格やJIS規格っといったような基準はない故にいろんなデザインが店頭に並んでいます。

中でも一番格安なのがこちら。

image

 

見ての通りのHONDAの製品です?

ついでに、耳元にはPUMAのマークも付いていて、おそらくHONDAとPUMAのコラボ商品?なのだと思います。

それでいて、この価格が$5.5っというのだから驚きです。

ただ、現地の人から後から聞くと定価は$4なのだそうです。

また騙されてしまいました。

でも結構おしゃれで可愛いです。女性用がメインといった感じですが、男性向けのメタリックな色もあります。色のラインナップはざっと見て10色以上あるので、必ず好きなモノを見つけることが出来ると思います。

image

あご紐の紐はこんな感じ、ちゃちですが、安いのでよしとしましょう。

今回の記事も夫が投稿しました。

Posted on

ゴミ出し

またまた夫です。

カンボジア・プノンペンではゴミ出しは簡単。

分別することなく、とにかく家の玄関先に早朝においておけばいいのです。

わたしの地域ではおおよそ8AMに取りに来てくれているようです。

分別不要ですが、分別していないとゴミを漁られて袋がこじ開けられて玄関先が汚れることもあるとか。

なので、ちゃんと分別しておいたほうが無難かも。

image

Posted on

SANNYO?の扇風機

夫です。

扇風機が壊れてしまったので、新しいものを買うことにしました。

イオンモールなどの家電量販店で日本製を買うとおおよそ$80はします。

日本で買うよりずっと高いんです。

でも、カンボジアでは扇風機、どこでも売っているのです。

大体家から歩いて3分ぐらいで扇風機と仏壇の列んだお店を発見。

何故この組み合わせ?っという疑問はさておき、店主と交渉。

店主の言うには、タイ製は高級品で$18、ベトナム製は$12でした。

他の方のブログを見ても、大体$15が相場のようです。

なので、納得して有名ブランドベトナム製のSANNYOを$12で購入。

imageグリーンのデザインが結構キュートです。

ついでに、壊れた扇風機も修理に出しました。

これもカンボジア・プノンペンではそこら中に家電を修理するお店があります。

家からバイクで1分のところに修理店がありました。

扇風機の修理の相場は$2から$3だそうです。(これは隣のお店の人に英語で聞きました。)

ただ実際には、$4を請求されました。

でも、日本の料金を考えるとスペシャルに安いから少しチップをのせて支払ってあげました。

カンボジアで工業製品を買うのは何かと高い場合があるんですが、人件費が安いんですね。

ここはよく活用したほうがいいかもしれません。

image

 

Posted on

大量の荷物の預け方

旅行と違って、移住となるとこれは外せない!というアイテムがたくさんで、とてもスーツケースには入りきりません。

それで衣類やタオルなど布製品は大きめのダンボールをホームセンターで買ってきて、それにぎゅうぎゅうに詰め込むと良いよ☆と聞いたのでやってみました。

image

 

結構入ります。

百円均一で売っている片手でぐるぐる巻けるラップをまきまき厳重に。

ちなみに今回利用したベトナムエアラインは一人40キロまでです。

少しだけオーバーなら通してくれますが、許容範囲は特に決まってないので、ドキドキでした。

海外での生活。こちらで全部揃えるのも手ですが、お気に入りの物は幾らか一緒に持ってくること、おすすめです。

何だかほっとしますから。。♪

 

Posted on

籐のコースター

カンボジアの籐製品はとてもリーズナブルでナチュラルテイスト

愛用しているのはコースターとミニトレイ

image

 

お値段はびっくりコースター二つで1.5ドル程度

日本だったらもっとしますよね〜

籐製品小物って和にも、洋にも合うから、使いやすいです

しかも丈夫なので重宝します

日本へのおみやげにランチョンマットと合わせてプレゼントしたら喜ばれますよ〜

 

 

Posted on

初カンボジア市場

カンボジアにはもちろんスーパー、大型ショッピングセンターなどもありますが、

ローカルな市場はいつも賑やかです

image

下見で行った時、今まで見たことのない光景にびっくり。

生の魚や肉が売られてると思ったら、ふと横見ると靴や下着まで。。

そのごちゃごちゃのなかで散髪屋のブースがあり、カットやカラーリングまでしている人達。

クメール語がんばって勉強して、値段交渉してお買い物楽しめる日が来るかしら。。

Posted on

旅立つ前の準備

カンボジア。

何持っていけばいいんだろう。あちらに行ってから買えばいいか!

そんな甘い考えで下見に行って、お料理するのにほんと困ったんです

もちろん日本の食材は売っているんですが2倍以上の価格!?

乾麺なんてよーく見たら賞味期限が切れてる〜。。

砂糖、塩、お醤油。

しょうがないからこの3つのみで何日かお料理。つまんないし悲しくなってきます

今回は日本の調味料をしっかり買ってもっていきます

でも楽しみなのは、あちらならではの香辛料など、挑戦できるかしら。。

カンボジアに移住される方は、スーツケースに忘れずに調味料たちをいれていくこと、オススメしま

す。

もちろん、ローカル屋台一本で!って人は別ですが^ ^