Posted on

カンボジアのバイクタクシー

カンボジアにはモトドップとよばれるバイクタクシーがたくさんいます

まだ乗ったことはないんですが、いつも見てちょっと笑っちゃう光景が。。

荷物いっぱいのせて走ってるバイクや、3,4人乗ってるバイクをみるとモトドップの人がまず、へーいっ!とか、モトドップ!と叫びます

すでにその状態でバイクで走ってるんだからもう必要ないと思うのに、モトドップの人がいきなり全速力で走り出し、トントン!!と背中たたくんです

すごい客引きの仕方。。

あのやり方で、応じる人いるのかなあっていつも不思議に思って見てます

ちなみにモトドップの料金の相場は5キロで100円から200円くらいだそう。

プノンペン市内は車も増えてきましたが、まだまだバイク社会。

まだまだびくびく運転してるくせに、バイクに乗って風をきる気持ち良さをちょっぴりかじっている今日この頃なのでした

 

 

Posted on

あつあつ鉄板焼き

おしゃれなカフェもいいけど、そろそろローカルなところもいってみよう!と、

みんなおいしいと言っていた鉄板焼き屋さん。

行ってみました。

image

暑い中ものすごいスピードで焼いてます

image

牛肉と卵をあつあつの鉄板に。上にスライス玉ねぎをのせて。

ごはんとセットで5000リエル、1.25ドル。安い〜

もう少しアップにすると。。

image

こんな感じ。

BBQソースみたいな甘めの味で美味しかった☆

ただ男性には少し量が少ないかも。

パンのセットにもできるそうです

牛さんの鉄板が食欲をそそる暑い熱いお店でした♩

セントラルマーケットに近くです。↓鉄板焼屋さんから撮影。

image

Posted on

さば缶でパスタ♩

スーパーや小さな売店に必ずあるさばのかんづめ、どんな味なんだろ。。と思い買ってみました

ハズレだとがっかりなので小さめ、0.7ドルくらいのを。

image

左下のがさばのトマト煮缶詰

それに大好きオリーブ油、そしてなんでもいいのでハーブを使います

image

開けるとこんな感じ

image

ニンニクのみじん切りをたっぷりのオリーブ油で炒めて、さば、とまと、たまねぎ、ハーブ、コンソメ、塩コショウで煮ます。日本からせっせと持ってきたルクルーゼ鍋で煮るとあっという間。

パスタの上にできあがったのをのせて混ぜて食べると美味しかった〜

食いしん坊なもので作り終えると写真を撮るの忘れて気づいたら完食。。

どこかで生バジルが手に入るといいな〜

さばの缶詰はアンチョビほどクセがなくて食べやすかったですよ〜

すぐ近くの売店で4缶3ドルで売ってました

※おまけ※

image

キッチンをほんの少しアレンジしたくて。

レンガを二個1000リエルで買ってオイルをおいてみました

25円くらいです

ポトスはトマト缶の空き缶に。

ちょっとしたことだけど、飾るのが好きです☆

Posted on

ダムコー市場で買い物

家からバイクで5分くらいのところにあるダムコー市場はいつも人でいっぱいです

image

こんな感じでカンボジアの市場には必ず計りがあります

店によっては何キロ単位でしか売ってくれない所もあります

よく買う野菜の大体の相場↓

トマト 1kg 3000リエル

キャベツ1kg 2500リエル

キュウリ1Kg 3000リエル

1ドル約4000リエル。つまりほとんど1ドルしません

最近買いに行くお店のお姉さんは必ずおまけでねぎやとうがらしをちょっぴりつけてくれる。。

オークーン♪(ありがとー)

 

Posted on

お家で中華ラーメン

中華麺を探し求めていろんなスーパーに行きましたが、なかなか見つからず。。。

家の近くのプサー(市場)でようやくゲット!

image

10玉入って1.2ドルくらい。安い!!

黄色いたまご麺です。(普段はラッキーにも置いてあるそう、キムチや豆腐のコーナー近くに。でも市場で買うのが一番安いそうです)

鶏ガラからスープを出したいものですが、即席で作ったので、地元のクノールコンソメみたいなものと、日本からの煮干出汁粉末、塩、醤油で簡単スープの出来上がりです。

image

同じ市場で買った新鮮なもやしを大量に、おネギもおまけでつけてくれたので、たっぷりと。

さっぱりしてて美味しかった^ – ^

次回はお肉ものせたいな〜

食後は、

image

さっぱりとドラゴンフルーツでしめる♪

日本にいる時は食後にチョコやクッキーばかり食べてたけど、こちらはフルーツばかりなのでちょっぴり痩せました、イェイ(^^)

 

Posted on

初美容院

早く早く髪を切りたくてウズウズしていました

家から100mくらいのところにあったので行ってみました、カンボジア初美容院。

image

皇家って。。

オーダー内容を事前にカンボジア語で書いてもらってそれを見せました

長さはあまり切らずにすいてくださいね。と。

いちかばちかでオーナーのお姉さんに、自分が勉強してきたベトナム語ができるか聞いたところ少しわかるというので詳細をベトナム語で説明できホッとしました

カンボジア人の女性のスタッフがカットしてくれました

とっても丁寧に時間をかけて仕上げてくれて満足♪

カットのみで2ドルです やすーい!

カラーリングは15ドルとのこと。

家から歩いていけるしリーズナブルなのでまた来たいです

image

Posted on

カンボジアでマスク

またまた、夫です。

カンボジアで日本人がバイクに乗るときはマイクは必須です。

日本で売ってるみたいな、綿の使い捨てのマスクも2枚500リエル(15円ぐらい)で売ってますが。

使い回しの聞くマスクがいくらでも売ってます。1枚1500リエル(45円ぐらい)です。

どっちのタイプのマスクもそこら中の露天で売ってます。

image image

日本にいる時は、とってもこんな感じのマスクをするなんておしゃれでもなんでもないし、欲しいとも思わなかったのですが。

気づいたら、いい感じの柄のバスクを見かけると物欲をそそられている自分がいてびっくり。

Posted on

カンボジアで格安ジム

夫です。

日本にいる時から健康増強のためにジョギングを日課にしている私にとって、意外にも嬉しいのが、ジムの安さです。

プノンペンに来れば、すぐにわかると思かるけれど、説明が難しいのですが、とにかく、プノンペンではあまりジョギングが気軽にできる環境ではないんです。なので、ジョギングを日本みたいにできません。

それで、走りたいなら、プノンペン市内にいくらでもあるジムを利用します。

例えば↓

image

ただ、日本のスタンダードなジムと違って、まず、会員になる必要はありません。

一回一回支払います。

私がよく通うジムでは、

トレーニングマシーン1500リエル(40円ぐらい)なんです。

ランニングマシーン10分につき1500リエル(40円ぐらい)です。

しかし、こんな感じの値段のところは地元の人ばっかりです。

日本みたいにエアコン完備みたいなところではなくて、↓みたいな感じです。

image

カンボジアの人はナルシストの人が多いというのはよく言われます。

ジムにはところかしこにガラスが設置されていて、みなさんボディービルダーよろしくポーズを決めております。

もちろん、日本みたいに会員制の設備バッチリのジムもあります。

でも、こんな格安ジムはいくらでもあって、家から歩いていけるジムが必ずあります。

最初は抵抗があると思いますが、慣れれば快適です。

Posted on

カンボジア製養命酒

夫です。

日本にいる時から健康増強のために養命酒を常飲していた私にとって、意外にも嬉しいのが、薬膳酒の安さです。

例えば↓

image

なんと書いているのかわかりませんが。

image

この朝鮮人参なのか?高麗人蔘なのか?謎の根っこのイラストが薬膳酒の感じを醸しています。

そして、価格はなんと一本3500リエル(およそ100円)

なので、朝に一杯、昼に一杯、夜に一杯っと飲んでも家計に響かない。

しかし、驚くほどまずいです。泥みたいな味がします。

私はすでに10本ぐらい飲み干しましたが、すこぶる元気です。

ただ、この種のお酒はあまりLuckyとかC-Martとか、タイフットマーケットとか外国人向けスーパーとかで見かけません。

地元の雑貨屋とかを見てみて下さい。

きっとあるはず。

ちなみに、カンボジアでは飲酒運転はないので、一杯飲んで仕事に出発でもOK。夜に一杯引っ掛けて帰宅もOK。

でも、ちゃんと自主規制しましょう。

ちなみに、カンボジアでも飲酒運転は違法です。

酒気帯び運転は、バイクの場合、6,000リエル($1.5)の罰金、車の場合、12,000リエル($3)の罰金です。

酒酔い運転は、6日以上6ヶ月以下の収監及び25,000リエル($6.25)以上100,000($25)リエル以下の罰金です。

1991年までは罰則はなかったみたいですが。

特に外国人は捕まると、警察からもぼったくられるので気をつけましょう。

(出典:2014 年4月(日本国大使館)安全情報[PDF]

Posted on

初めての床屋さん

常夏の国カンボジアに来る前から徐々に髪を短くしていった夫ですが、こちらに来てからさらに短くカットしたい!と。

バイクで二人で走ってて家の近くに床屋さんがあったので入ってみました

英語も少ししか伝わらないので、とりあえずスタイルブックを何か見せてくださいと言うと出してくれたけど、うーん。。イマイチ。

次にお店の若い男の子がこれはどうだ?と壁のあちらこちらに貼ったポスターを。

頭を上げると、、、

image

 

えー?!あれになっちゃうの。。

とにかく今の長さのハーフくらいに切ってください。と伝えて

まずはバリカンスタート。

もう一人携帯いじりながら座ってる店員の男の子と目を合わせながらなんか笑いをこらえてるお兄ちゃん。

こいつは一体なに人だ?とでもいっているのでしょうか。。笑

少し話すと、私たちが韓国人だと思っていたそうです

image

このお兄ちゃん、なかなか腕が良くてとっても丁寧なんです

30分くらいかけてきれいに仕上げてくれました

これで5000リエル 1.3ドルくらい。安〜い!

ちなみに床屋さんでばりかんをあてるとき1,2,3,4どれか?と聞かれるのは短さだそうです。

1が一番短くて、坊主にさせられるそう 笑

夫は最初なので後ろを2にしときました

こんなに安いなら一ヶ月に2回は行きたいと。

私も女性用のカットのお店を探さないと♪