Posted on

カンボジア製養命酒

夫です。

日本にいる時から健康増強のために養命酒を常飲していた私にとって、意外にも嬉しいのが、薬膳酒の安さです。

例えば↓

image

なんと書いているのかわかりませんが。

image

この朝鮮人参なのか?高麗人蔘なのか?謎の根っこのイラストが薬膳酒の感じを醸しています。

そして、価格はなんと一本3500リエル(およそ100円)

なので、朝に一杯、昼に一杯、夜に一杯っと飲んでも家計に響かない。

しかし、驚くほどまずいです。泥みたいな味がします。

私はすでに10本ぐらい飲み干しましたが、すこぶる元気です。

ただ、この種のお酒はあまりLuckyとかC-Martとか、タイフットマーケットとか外国人向けスーパーとかで見かけません。

地元の雑貨屋とかを見てみて下さい。

きっとあるはず。

ちなみに、カンボジアでは飲酒運転はないので、一杯飲んで仕事に出発でもOK。夜に一杯引っ掛けて帰宅もOK。

でも、ちゃんと自主規制しましょう。

ちなみに、カンボジアでも飲酒運転は違法です。

酒気帯び運転は、バイクの場合、6,000リエル($1.5)の罰金、車の場合、12,000リエル($3)の罰金です。

酒酔い運転は、6日以上6ヶ月以下の収監及び25,000リエル($6.25)以上100,000($25)リエル以下の罰金です。

1991年までは罰則はなかったみたいですが。

特に外国人は捕まると、警察からもぼったくられるので気をつけましょう。

(出典:2014 年4月(日本国大使館)安全情報[PDF]